SAZUKARIファミリー公式サイト | さずかりファミリーは、妊婦さんの為の情報ブログ、体づくり妊活サプリメント「SAZUKARI」などの開発・販売を行っています

さずかりファミリー公式サイト

妊活サポートコラム

新着情報・最新の妊活情報ブログ

2017年04月17日

出産・産後コラム

10倍粥からはじめるはじめての離乳食の作り方

『10倍粥からはじめるはじめての離乳食の作り方』

母乳やミルクだけを飲んでいた赤ちゃんがはじめて口にする離乳食。

いったいどんなものをどのように作っていけばいいのか悩むところですね。

そこで、今回ははじめて離乳食をはじめて食べる赤ちゃんの、
10倍粥の簡単にできる作り方や保存方法を紹介していきます。

離乳食には段階があります

はじめての離乳食はおもゆをスプーンに1杯だけあげてみましょう。

あくまでメインは母乳やミルク。
そこに「世の中にはこんな味のものもあるよ」というように
慣れていってもらうのです。

アレルギーの少ないお米のおかゆから始めるのが一般的で、
まずは1日1回1さじずつです。

母乳やミルクは飲みたいだけ飲ませてかまいません。

慣れるのが目的なので、
だんだんと1さじずつ増やしていきます。

具体的には初日におもゆ1さじ、翌日おもゆ2さじ、
3日目は、すりつぶしたとろとろのおかゆ1さじ、
慣れてきたらおかゆを1さじずつ増やしていき、
おかゆ+にんじんをすりつぶしたもの1さじなどを1日1回食べさせていきます。

この時期を1回食とよびます。

順調にいけばどんどんいろいろな野菜を増やしていき、
おかゆと野菜の次には豆腐や白身魚などにもチャレンジしていきます。

個人差があって、
なかなか思うように増えていかないこともありますので
がんばりすぎないでゆっくり進めていきましょう。

ちなみに食べる回数も1回食から2回食、3回食と増やしていき、
内容もとろとろのものから、
歯茎で噛んで食べられるものにまで少しずつ変えていき
最終的には大人と同じものが食べられるようになって
離乳食完了となります。

10倍粥のつくりかた

おかゆは10倍粥からはじめます。

お米と水の割合で〇倍粥という言い方をしますので、
10倍粥はお米と水とが1:10の割合ということです。

お鍋に入れて作るとおもゆ部分とおかゆ部分に分かれますので、
一番最初に赤ちゃんにあげる時には、上の方のおもゆをあげるとよいですね。

赤ちゃんにあげるおかゆは、
炊き上がったおかゆをすりつぶしてとろとろにし、消化のよいものにします。

作り方は案外簡単です。

★お米からの10倍粥の作り方
1.お米を大さじ1洗います。
(大人が食べるご飯を炊くときに、洗ったお米から取り分けても便利)

2.小なべに大さじ1のお米と10倍である150cc(大さじ10)の水をお鍋に入れて火にかけ、
 強火~中火くらいで沸騰させる。

3.沸騰したら吹きこぼれないように、ふたをずらしておき、弱火にして30分煮る。

4.お米が柔らかくなっているのを確認した後火をとめ、ふたをして15分ほど蒸らす。

5.できあがったお粥をすりつぶしてとろとろにする。

4で蒸らし終えてできあがったお粥はお米とお水が少しわかれた仕上がりになります。
初回の1さじはこのお水部分である「おもゆ」をあげてみるのです。

残りはお水の部分とお米の部分が混ざるようにごはんをすりつぶすと、
とろとろしたお粥になります。

すりつぶすには、小さいすり鉢とすりこぎがあれば便利です。

これはわりと長く使えるのでおすすめですが、
すり鉢、すりこぎが無くてもスプーンの裏で押したり、
お米のうちに刻んでおいたりして
時間短縮をするなど工夫している方もいらっしゃるようです。

★ 炊き上がったごはんからの10倍粥の作り方
生のお米とお水の割合が1:10に対し、
炊き上がったごはんから作る場合は、ごはんとお水の割合は1:5にします。

1.ごはん大さじ1とお水大さじ5を小なべに入れてふたをし、弱火で20分煮る

2.火を止めてふたをしたまま10分ほど蒸らす

3.できあがったお粥をすりつぶしてとろとろにする

おかゆの保存方法

離乳食では一度にたくさん食べないので、
作ったおかゆは余ってしまいます。

残ったものを他の家族が食べてもいいのですが、
1さじ2さじのために毎回おかゆを炊くのは大変なので、
ある程度まとめて炊いておいて冷凍しておくことをおすすめします。

冷凍したものを使うときには、
食べる量の一口分ずつ解凍することになるので
冷凍するときには後から扱いやすいように工夫しておくとよいです。

製氷皿の氷1つ分は小さくてちょうどよいサイズなので、
余ったおかゆを入れておいて冷凍しておかゆの氷を作っておき、
凍ったら全部取り出してジップロックに並べていれて
再び冷凍庫で保存するのがおすすめ。
1つずつ使えます。

離乳食がすすんできて
いろいろな野菜のすりつぶしを食べられるようになったときにも、
多めに作って製氷皿を利用してストックしておくと便利です。

一覧へ戻る

# 商品情報 | プレママ・ママ・妊活を支える全ての方へ

SAZUKARI商品情報
#

# 妊活サプリメント商品のご購入はこちらから

SAZUKARI購入ページへ
TOPへ戻る