SAZUKARIファミリー公式サイト | さずかりファミリーは、妊婦さんの為の情報ブログ、体づくり妊活サプリメント「SAZUKARI」などの開発・販売を行っています

さずかりファミリー公式サイト

妊活サポートコラム

新着情報・最新の妊活情報ブログ

2017年04月19日

妊娠コラム

妊娠するために必要な「油」の種類&理想的な摂りかたとは?

『妊娠するために必要な「油」の種類&理想的な摂りかたとは?』

油は「高カロリーで太るもの」とイメージする方も多いと思います。

ダイエットのために完全に油を抜いて、
肌や髪がパサパサになった経験はありませんか?

確かに余分な油は肥満の原因になります。

しかし細胞膜やホルモンを作る材料となっており、
妊娠を高めるためにはカラダにとって無くてはならないものなのです。

細胞膜は細胞の中に栄養を取り込んだり、
病原菌やウイルスの侵入を防いだりする働きをしてくれます。

油を適度に摂って、この細胞膜を柔らかい状態にしておくことが大切なのです。

また、油はビタミンA・D・E・Kなど、油溶性ビタミンを吸収するためにも使われます。

油にはどんな種類があるの?

油は主に脂肪酸の種類によって分けられます。
◆飽和脂肪酸
飽和脂肪酸はバターやラード、ココナッツオイルに含まれています。
昔は健康に悪いというイメージがありましたが、
最近は見直されつつあります。
主に動物性のものに含まれ、常温では固体の油です。

◆不飽和脂肪酸
不飽和脂肪酸は「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分かれます。
多価不飽和脂肪酸には、
体内で作ることが出来ないといわれる必須脂肪酸の
「オメガ3」「オメガ6」があります。

☆オメガ3とは 
リノレン酸が主な成分 えごま油、亜麻仁油、魚油、チアシードオイルなど
・アレルギー症状の緩和
・体内の炎症を抑える
・血管をしなやかにし、血液の流れをよくする
・集中力・記憶力を高めたり、精神を安定させたりする
・PMSの緩和
などに効果があるといわれています。

☆オメガ6とは
リノール酸が主な成分 なたね油、べにばな油、コーン油など
・肌の保湿
・子どもの成長に必要などといわれていますが、
現代の食生活ではオメガ6を自然と多く摂りすぎています。
オメガ6を摂りすぎることで、老化を早めたり、アレルギー症状が悪化したり、
また免疫力を弱める心配があるといわれています。

オメガ3は細胞膜を柔らかくして血液などの体液の巡りをよくし、
オメガ6は細胞膜を強くしてカラダを守ってくれます。
どちらも重要な働きがあり、オメガ6は全く必要ないというわけではありません。
その“バランス”がとても重要なのです。
オメガ3とオメガ6の摂取バランスは1対4が理想的といわれていますが、
現代人は1対20くらいの割合になってしまっています。

妊娠力を高めるためにはどんな油を摂ればいいの?

女性ホルモンは、
卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの2つに分けられ、
卵胞の成熟や妊娠の維持などの働きをしています。

油は体内のコレステロール値を正常にすると同時に、
この女性ホルモンの材料となるのです。

つまり妊娠しやすいカラダを作るためには、
いい油を摂ることが必要だということなのです。

オメガ6が過剰になっている現代人は、
理想的なバランスに近づけるため、オメガ3の油を積極的に摂る必要があります。

それによって、女性ホルモンのバランスが整えられ、
血流もよくなり子宮や卵巣に栄養が行き渡ります。

オメガ3には、えごまの種子を搾られた「えごま油」、
亜麻の種子を搾られた「亜麻仁油」などがあります。

オメガ3は加熱に弱いため、生で使用してください。

サラダにかけてもいいですしたんぱく質との相性がいいので、
お刺身にかけて食べるのもおすすめです。

酸化しやすいため、光のあたる場所を避け、早めに使いきりましょう。

1日の摂取量は2g程が目安です。

できれば有機栽培で、
圧縮搾り・コールドプレスで作られた上質のものを選びましょう。

妊活によくない油ってあるの?油を摂る際の注意点とは

油のなかで注意が必要なのは「トランス脂肪酸」です。

マーガリンやショートニングなどに含まれるトランス脂肪酸には、
内分泌かく乱作用があり、
受精・妊娠・出産などの生殖機能に影響を及ぼしたり、
ガンや奇形を発生させたりする疑いもあります。

妊娠を希望する女性は極力控えた方がよいでしょう。

油を加熱に使用するときには、できるだけ熱に強いものを選びましょう。

常温時に液体で存在している不飽和脂肪酸は、
熱に弱く高温処理されることで酸化して、
カラダに害のある油に変質してしまうのです。

加熱調理に向いているのは、
オレイン酸が主成分のオメガ9といわれるものです。

オメガ9にはオリーブオイルや米油、アボガドオイルなどがあります。

ただし手に入れやすいオリーブオイルですが、
粗悪なものもたくさん流通していますので、
こちらも有機栽培でなおかつ化学薬品で抽出したものではなく、
圧縮搾り・コールドプレスのものを選びましょう。

油が健康にいいからといって摂りすぎには注意してください。

また、酸化してしまった油はカラダによくないため
新鮮で上質のものを適量とることが大切です。

私たちのカラダは食べ物から摂り入れる成分を燃料として働いています。

「何をどのように食べるか」はとても重要なことなのです。

上質な食材は高価なことが多いですが、
不妊治療にかかる費用に比べたらそんなに高いものではないはず。

元気な子宮、卵巣、卵子をつくるためにも、
また健康なカラダを目指すためにも良質な油を摂ることを意識しましょう。

一覧へ戻る

# 商品情報 | プレママ・ママ・妊活を支える全ての方へ

SAZUKARI商品情報
#

# 妊活サプリメント商品のご購入はこちらから

SAZUKARI購入ページへ
TOPへ戻る