リタマインドジャパン さずかりファミリーは、お客様の健康と美をサポートする自社製品の開発・通信販売を行っています。

妊活サポートコラム

新着情報・最新の妊活情報ブログ

2018年03月05日

スタッフブログ

あなたは正しく使えてる?フェイスパックの正しい使い方

『あなたは正しく使えてる?フェイスパックの正しい使い方』

最近はフェイスパックがお手頃な値段で手に入ることもあり、
スキンケアにフェイスパックを取り入れる女性が増えていますよね。

フェイスパックをすればお肌がモチモチになりますし、
毛穴を引き締めてくれたり美白効果があったりと、
そのフェイスパックによって嬉しい効果がたくさんあります。

しかし、あなたのフェイスパックの使い方、本当にそれで合っていますか?

フェイスパックの効果を最大限引き出すために、
正しい使い方をおさらいしましょう。

やりがち!フェイスパックの間違った使い方

フェイスパックに記載のある目安時間をきちんと守っていますか?

フェイスパックを5分や10分で捨てるのはもったいないからと
目安時間を過ぎても顔に乗せたままにしている人、
意外と多いのではないでしょうか。

実はこれ、絶対NGなんです。

目安時間をすぎてもパックを顔に乗せていると、
せっかく顔に浸透した保湿成分が乾いたシートに吸われて蒸発してしまうんですよ。

その結果、カラカラの乾燥肌になってしまうこともあるんです。

しっとりもちもちのお肌になりたくてパックをしているのに、
逆に乾燥してしまうなんて考えるだけで恐ろしいですよね。

目安時間は必ず守りましょう。

お風呂の湯船に浸かりながらパックをしていませんか?

お風呂に浸かりながらだと毛穴が開いて成分が浸透しそうな気がしますが、
実はこれも逆効果。

お風呂に浸かった状態では毛穴から汗が出ていますから、
毛穴からものを排出している状態です。

つまり美容成分が取り込めるようなお肌の状態ではないのですね。

お風呂に入りながらのパックでは、
せっかくのパックが意味をなしていないんですね。

入浴中のパックはやめましょう。

パック前に洗顔をせずにパックしていませんか?

これもパックの効果を半減させる原因になります。

顔に汚れが付いていると美容成分が浸透しないのです。

お化粧が落としきれていないというのはもちろんNGですが、
すっぴんの状態でも必ず洗顔をしてからパックをするようにしましょう。

肌荒れをしている状態でパックをしていませんか?

ニキビや湿疹など、
肌荒れがあるときにはパックはやめておいたほうがいいのです。

下手に使ってしまうと肌荒れを悪化させてしまうかもしれませんので、
お肌が健康な状態に戻ってからフェイスパックを使うようにしましょう。

ちなみに、ニキビができているときには
ニキビ用のフェイスパックがおすすめです。

フェイスパックの正しい使い方は?

パックをする前に洗顔をしてまず顔を清潔にしましょう。

そのあと、かるく化粧水で保湿しておきましょう。

目や口の周りなど、パックから出ている部分の保湿ができます。
そしてパックし終わったあとにはきちんと
油分でふたをするなどのケアをおこなってくださいね。

また、フェイスパックの効果をより引き出すためには、
肌が温まって毛穴が開いているタイミングでパックをするのがおすすめ。

お風呂あがりがいちばんですが、
それ以外のタイミングではホットタオルなどで温めてからパックをしましょう。

パック中にはラップを顔に巻くとパックの成分の浸透が高まります。

鼻や口の部分にまで巻かないように気をつけてくださいね。

そして、パックは毎日するよりもお肌を
休ませてあげる日を作った方が効果が高まるんです。

週に1〜2回が基本ですが、パックの目安頻度を守るようにしてくださいね。

フェイスパックを正しく使って美肌美人を目指そう

この記事ではフェイスパックの使い方をおさらいしました。

あなたのフェイスパックの使い方は合っていましたか?

もし間違っていたという人は、
今日から気をつけてみてくださいね。

せっかくのフェイスパックですから
効果を最大限に引き出せるように賢く使って美肌美人を目指しましょう。

一覧へ戻る

# TVで紹介されました!

VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報 詳細を見る 購入ページへ
VIHAXIA濃密炭酸泡パック商品情報 詳細を見る 購入ページへ
JOOMO商品情報 詳細を見る 購入ページへ
あまざけ美人酵素商品情報 詳細を見る 購入ページへ
TOPへ戻る