リタマインドジャパン さずかりファミリーは、お客様の健康と美をサポートする自社製品の開発・通信販売を行っています。

妊活サポートコラム

新着情報・最新の妊活情報ブログ

2018年10月19日

美容コラム

ほうれい線は年齢のせいではない?!

『ほうれい線は年齢のせいではない?!』

ほうれい線を気にする人はとても多いです。

ほうれい線はどうしてできるのでしょうか?

そして、ケアはどうしたらいいでしょうか?

今回は、そんな気になる「ほうれい線」について、

お伝えします!

ほうれい線とシワの違いって?

30代頃から
気になるものと言えば
ほうれい線だという人も
多いはずです。


気付かないうちに
ほうれい線が深くなってしまい、
老けて見えることに
ショックを受ける人も
多いのではないでしょうか?


ほうれい線は
鼻の両脇から
口の両脇に向かって伸びる
2本のことを言います。


シワの一種に思われますが、
正確にはシワではなく
溝であり、


医学的には、
鼻唇溝と呼びます。


シワは
元々あるものでは
ないけれど、


ほうれい線は
元々誰にでもあるものです。


ただ若い頃は
肌にハリがあったり
たるんだりしていないせいで
目立たないので、


ほうれい線のことを
気にする必要が
なかっただけなのです。


お肌の乾燥や、
紫外線の影響、
また、
年齢が増えて、
肌のハリがなくなって行くにつれ、


ほうれい線が現れ、
どんどん深くなっていき、
深いシワ=溝になるのです。


日々忙しい中、
毎日のスキンケアを
怠っていると、


気がついたときには、
ほうれい線が濃く目立つように
なっていたりします。



一口にほうれい線と言っても
種類は2種類あり、
その原因も違ってきます。


溝の浅いほうれい線は
お肌の乾燥によるものです。


お肌の乾燥をそのままにしておけば、
さらに溝が深まり
その上、
お肌の加齢を進めてしまいます。


深い溝のほうれい線は、
お肌のハリに関係するコラーゲンなどの
真皮層の構成成分が、
加齢などによって減っていくのが
原因の1つです。


また顔の筋肉の衰えなども
ほうれい線を深くする
原因の1つとなります。

ほうれい線ケアを始めよう!

ほうれい線ケアに
1番に必要なのは
今すぐにはじめる
ということです。


ほうれい線だけでなく
お肌のケアは早く始めれば始めるほど
良いと思いますので
早めにほうれい線ケアを始めましょう。


まずはほうれい線の
一番の原因になる
お肌の乾燥対策のため
保湿をたっぷりしましょう。


保湿には
お肌のハリに効果的な美容成分を、
含んでいるものを選ぶのが重要です。


お肌のハリに効果的な美容成分には
ビタミン誘導体、
コラーゲンなどが挙げられます。


これらの美容成分には
お肌の新陳代謝を整える役割も担い、


ハリだけでなく
皮脂分泌も調整してくれるので
毛穴の開きにも効果的です。



またほうれい線は
顔の筋肉の衰えも原因ですので、
顔の筋肉、
特に頬の筋肉と口元を動かすことを
おススメします。


顔の内側の筋肉をしっかり強くし
たるみを予防しましょう。


さらにむくみから
ほうれい線を深くしてしまうこともあるので、


顔のマッサージをして
顔の血流を良くすることも
大切です。


効果的な美容成分の入ったものでの保湿ケア、
顔のむくみを取る顔マッサージ、
頬や口元の筋肉を強くしたるみをなくすこと、
この3点をしっかり守って
生活してみてください。


口角が上がって、
お肌のハリやツヤも戻り、
ほうれい線とお別れする日が
近いかもしれません。

正しい美容成分を取り入れるってどういうこと?

お伝えしたように、
ほうれい線ケアでは、
乾燥を避けること、ハリを保つこと
この二つはとても大事です。


また、ケアとしては、
ビタミンC誘導体、コラーゲン、ヒアルロン酸などが
とても効果的ということもお伝えしましたね。


美容成分が入っていれば何でも良い、
というワケではありません。
効果のないものを一生懸命使っても
時間の無駄と言えます。


それぞれのお肌トラブルに合った美容成分を
確認することが大切です。


日々の生活の中に美容成分を
取り入れながら
自分の顔と向き合っていけば、


ほうれい線が消える日も
そう遠くはありません。

一覧へ戻る

# TVで紹介されました!

VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報 詳細を見る 購入ページへ
VIHAXIA濃密炭酸泡パック商品情報 詳細を見る 購入ページへ
JOOMO商品情報 詳細を見る 購入ページへ
あまざけ美人酵素商品情報 詳細を見る 購入ページへ
TOPへ戻る