リタマインドジャパン さずかりファミリーは、お客様の健康と美をサポートする自社製品の開発・通信販売を行っています。

妊活サポートコラム

新着情報・最新の妊活情報ブログ

2018年12月21日

美容コラム

シミの原因別対策について

『シミの原因別対策について』

シミが出来る原因には、

環境的要因と、内的要因がありますが、

それぞれ対策が違います。

今回は、要因別対策について、

お伝えします。

シミができる環境的要因への対策とは?

シミを作る環境的要因は
紫外線や大気汚染などが
挙げられますが、

それではそれらの要因から
シミを作らないようにする対策
はどういったものがあるのでしょうか?

今回はそれらの対策について
考えてみましょう。

ここでは、
おそらく多くの人たちが
気をつけていると思われる
紫外線対策を中心に紹介します。

シミのできるメカニズムで
1番分かりやすいのが
紫外線です。

紫外線をたくさん浴びることで、
表皮の基底層で
シミの原因であるメラニンが
たくさん生成されます。

お肌のターンオーバーが整っている場合、
通常ならばメラニンが自然と排出されますが、

加齢の影響なども加わって
お肌のターンオーバーが乱れてしまうと、
排出しきれなくなり、

色素沈着として
皮膚に残ってしまいます。

人間誰しも年を取り、
加齢による体や皮膚への影響は
仕方ない部分があるからこそ、

シミの原因である
大量のメラニンを生成させないように
紫外線対策が必要だと考えられます。

紫外線対策と言えば、
日差しの強い夏だけすれば良い
と思っている人が
いますが、
紫外線は1年中あるものです。

特にゴールデンウィークが始まる
4月の終わりから9月までは
紫外線量がピークになると
言われているので、

しっかり紫外線対策、
日焼け対策が必要です。

また 雨や雪が降っていると紫外線はない、
室内だから紫外線対策しなくて良い、
寒いと紫外線は弱い
と思っている人もいますが、
それらは間違いです。

1年中どんな天候でも
どんな場所でも
紫外線はあるため、

1年中紫外線対策をしてこそ
本当のシミ対策になると
言えます。


紫外線対策に必要なのは
日焼け対策。

近年
様々な日焼け止めクリームが
発売されていますが、

日焼け止めクリームも
それぞれの成分を
分かった上で使うことで

さらに紫外線対策には
効果を増します。

日焼け止めクリームに
表記されているSPF、PA
はどういった意味か
考えたことはありますか?

意外と意味を知らずに
日焼け止めクリームを
購入している人が多いと感じます。

SPFとは
お肌に日焼けによる炎症をもたらす
UVBからお肌を守る
目安とされていて、

SPFの数値が高いほど
UVB防止効果が高くなります。

PAは、お肌の奥に到達し、
お肌の弾力を失わさせる肌老化を招く
UVAからお肌を守る目安となり、
+の数値が高いほどUVAカット力が強くなります。

しかしSPFやPAの数値が高いほど
効果があると思い、
数値が高い日焼け止めクリームを
ずっと使っていると、

お肌への負担も大きくなり、
シミ以外のお肌のトラブルを
招くことになりますので
気をつけたいものです。

例えば普段の日常生活ですと、
SPF5~10、PA+~++のもの、

プールのような屋外のスポーツでは
SPF20~30以上、PA+++~+++が
効果的と言われています。

また日焼け止めクリーム以外にも
紫外線対策として、
帽子、日傘や手袋などうまく利用し、
さらに
サングラスをすることも
おすすめです。

そして言うまでもないですが、
毎日のスキンケアをしっかりして、
お肌を健康な状態にしておく努力も
忘れないようにしましょう。

お肌が健康に保たれれば、
お肌のターンオーバーなどの乱れも
最小限に抑えられて、

万が一紫外線を
たくさん浴びてしまっても、
メラニンを排出する新陳代謝が
正常にされるはずです。

毎日のスキンケアをしっかりし、
ビタミンなど
シミに良いといわれる栄養素が
たっぷりのフルーツなどを
適切に摂取した上で、

日焼け止めクリームなどの
紫外線対策を忘れずにすることが、
シミ予防、シミ対策に繋がります。

シミができる内的要因への対策とは?

シミができる内的要因の一つとして、
遺伝的にシミができやすい
体質の人もいます。

同じように日焼けをしても
赤くなる人と
黒くなる人がいます。

色白の人は
元々メラニンの量が少ないため、
紫外線を浴びると
体を守ろうと活性酸素が発生して、

結果
元々色黒の人よりも
たくさんメラニンが
つくられてしまい
シミになるのです。

また色黒の人は、
元々メラニンの量が多く
紫外線を浴びたからといって
極端にメラニンが
たくさん作られることはありません。

そこからも
色白の人の方が
紫外線から受けるダメージが
大きいと言えます。

また体質と言えば、
血行の悪い冷え性の人達も
シミができやすいと
言われています。

なぜならば、
血行不良は
メラニンを正常に排出する
ターンオーバーを乱れさせる
大きな原因と
なっているからです。

血行不良の原因としては
体の冷え、運動不足など
様々な要因がありますが、

食生活を見直したり、
適度な運動をしたりと、
自律神経やホルモンバランスを
整えることが
体を温める最良の方法だと
考えられます。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス:Aquired dermal melanocytosis)
のようなシミには
やはり専門家で
適切なアドバイスを
受けながらの対策が
良いと考えられますが、

元々色白な人、また冷え性の人などは
遺伝的な部分でシミが
できやすいという事実を受け入れて、

それに合った対策を
していく必要が
あります。

色白の人は
他の人よりも
日頃から
日焼け対策に気を付けたり、

冷え性の人は自律神経や女性ホルモンを
整えるように
血行不良を改善する方法(食生活、適度な運動など)を
毎日の生活に取り入れたりと

日常生活の中に
シミ対策を入れていくことが
大切です。

毎日の努力で
すぐにシミがなくなるのは
難しいですが、

自分の体質を
しっかり理解し、
シミ対策をコツコツ続けることが
シミのない生活の
近道です。

一覧へ戻る

# TVで紹介されました!

VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報 詳細を見る 単品購入 トクトク便
VIHAXIA濃密炭酸泡パック商品情報 詳細を見る 単品購入 トクトク便
JOOMO商品情報 詳細を見る 購入ページへ
あまざけ美人酵素商品情報 詳細を見る 購入ページへ
TOPへ戻る