ブログBLOG

大学時代のお話

2021.06.10

こんにちは!
今年度新卒入社した榊原です。

私は美術大学に通っていました。
美術大学では、4年次最後の課題で
卒業論文を書くのではなく、
卒業制作というものを提出します。

卒業制作では、
学校にもよるかもしれませんが、
自分の好きなこと、やりたいことを
とことん追求し、
自分のやりたいことで
作品を制作します。

私は、紐や糸、リボンなどが好きで、
収集してしまう癖があったので、
その好きを活かそうと思い、
紐状のもので作品を作ることにしました。

テーマは「巻き」です。

人が物を見るとき、
頭の中でその物と関係するモノを
思い浮かべると思います。
そのモノとは、人が体験したことや
実際に見た光景などによって記憶された、
物と強くつながりを持つモノです。

そのような、物から呼び起こされる
記憶された印象を、
眼に見えるように表してみたいと考え、
つながりの持つモノで巻きました。

約1年間、私はずっと物を巻き続けました。
他の人から見たら何のためにしているんだろうと
思われるかもしれませんが、
自分にとってはとても大切な時間を過ごせたと思っています。

以上、私の大学時代のお話でした!
最後までお付き合いいただきありがとうございました🌠