リタマインドジャパン 「願い」を「カタチ」に Wishes Come True
お客様の「こうなりたい」を実現するための価値とサービスを提供します。

妊活サポートコラム

新着情報・最新の妊活情報ブログ

2019年11月08日

美容コラム

VIOのムダ毛お手入れ方法

『VIOのムダ毛お手入れ方法


日本人の間でも、アンダーヘアへの意識が最近は高まりつつあります。

海外ではVIOの処理は衛生面上当たり前、という風習が一般です。

ムダ毛があることでムレたり、かゆみや臭いの原因になったりしてしまいます。

ムダ毛がないと簡単にケアがしやすく、VIO部位を清潔に保つことが手軽にできるのです。


今回は、VIOムダ毛の処理方法をご紹介していきます。

カミソリと電動シェーバーによる処理方法

①「VIOとは?」
アンダーヘアの「VIO」という言葉についてご紹介します。

■Vライン
恥骨上部周辺のヘアになります。
下着で覆われている三角形のゾーンです。

毛量、毛質、発毛の範囲などは個人差によりますが、
下着のラインからヘアがはみ出るケースもあります。

■Iライン
女性器周辺のヘアになります。
Iゾーンのケアをすることで匂いも軽減することができ、
生理中の雑菌の繁殖などを抑える効果も期待できます。

■Oライン
肛門周辺のヘアになります。

ムダ毛がないほうが排泄時など衛生的でしょう。


②「自己処理するときは何を使うべき?」

VIOを自己処理するのに代表的なのは、「カミソリ」と「電動シェーバー」です。

それぞれのメリットとデメリットはどうでしょうか。

■電動シェーバーを使うメリット
ムダ毛を手軽に早くケアすることができます。

電動シェーバーのコストは安く、肌にとって優しいです。

■電動シェーバーを使うデメリット
深剃りはできないです。

使用後は、肌がチクチクするときもあります。



■カミソリを使うメリット
簡単に安く購入ができて、処理方法も簡単で、
一気に広範囲をスピーディーに処理できます。

■カミソリを使うデメリット
カミソリ負けにより肌が傷ついてしまったり、
傷ができることにより色素沈着が発生する恐れがあります。

頻繁な処理が必要で、処理を繰り返すことにより色素沈着が進みます。
また、処理後は肌が乾燥しやすくなるので保湿ケアが必要です。

VIO処理におすすめのアイテム

VIOをきれいに安全に処理するためにおすすめの、カミソリと電動シェーバーの代表的なものをご紹介します。

①「おすすめのカミソリ」

・プリペア 眉そり用 (資生堂)

コンビニで購入できるI字タイプカミソリです。
面積が狭く細かい処理部分におすすめです。

②「おすすめの電動シェーバー」

・フェリエ ボディ用ES-WR50 (panasonic)

肌の凹凸に合わせ、密着して優しく処理できるので
デリケートゾーンの細かい部分でも安心です。

③「キレイで安全にVIOを処理する方法」

それでは、カミソリと電気シェーバーの両方を使って、安全にVIOラインを処理する方法をご紹介します。

①「用意するものは?」

・T字カミソリ、Iラインのカミソリ
・電気シェーバー、もしくは散髪用ハサミ
・シェービングクリーム

②「基本の処理ポイントとは?」

シェービングしやすいよう、
皮膚を軽く引っ張るようにして皮カミソリや電気シェーバーを使用します。

デリケートな部分なので、肌を傷つけないよう少しずつ丁寧に行います。

③「VIO処理の手順」

VIOの順におこない、
ムダ毛が長い場合は、
ハサミで短くカットしておきます。


1. Vラインの処理法

Vラインのデザインを決めて、
電動シェーバーかT字カミソリをムダ毛の処理をしていきます。

T字カミソリを使う場合は、
シェービングクリームを使って、
上から下に向かって剃ります。

逆毛で剃ると肌を痛めるので注意が必要です。

Vラインの形が左右で同じになるよう、
左右交互に少しずつ行っていくと失敗しづらいです。

2. Iラインの処理

Iラインは、電動シェーバーで股の付け根周辺を、
小さめのT字かI字カミソリで剃ります。

鏡を見ながら電動シェーバーで
剃るとしっかり確認しながら剃れて安心です。

手振れなどに注意して処理するようにしましょう。

3. Oラインの処理

Oラインの毛を事前にカットしておきます。

Iライン以上に自己処理が難しく、
入り組んだ箇所なので、カミソリでの処理は控えるようにします。

処理するときは、肛門部分にワセリンを塗って保護しながら、
脱毛クリームなどで処理するのも良いでしょう。

4. 保湿ケア

ケアした後は、デリケートゾーン専用の保湿アイテムか、
肌に優しい化粧水でしっかりと保湿を行いましょう。

アンダーヘアの処理の頻度

VラインはIラインに比べて処理の難易度が低いので、
常に処理した状態をキープしたい場合は1~2週間ごとに1度の処理が適切でしょう。

Iラインは自己処理が難しく、
何度も自己処理を行うことにより肌への刺激が強くなり、
色素沈着の原因にもなります。処理の頻度を押さえるのがおすすめです。

VIOのお手入れは今や身だしなみとなっており、
ケアに使用するカミソリや電動シェーバーなどのアイテムも増えて処理方法の選択肢も広がってきています。

自分に合ったVIOのケアアイテムや処理方法を身につけて、いつでも自身がもてるボディを目指していきましょう。

一覧へ戻る

# TVで紹介されました!

ハオルビ
ハリウル
VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報
ハクナル
リセラン
JOOMO商品情報
VIHAXIA濃密炭酸泡パック商品情報
あまざけ美人酵素商品情報
ハオルビ
ハリウル
VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報
ハクナル
リセラン
JOOMO商品情報
VIHAXIA濃密炭酸泡パック商品情報
あまざけ美人酵素商品情報
TOPへ戻る
line