リタマインドジャパン 「願い」を「カタチ」に Wishes Come True
お客様の「こうなりたい」を実現するための価値とサービスを提供します。

妊活サポートコラム

新着情報・最新の妊活情報ブログ

2020年07月03日

美容コラム

夏だけじゃない!一年中降り注ぐ紫外線について

太陽から発せられている紫外線。

紫外線を多く浴びると、シミ、シワ、
乾燥などを引き起こすイメージが強いですよね。

一口に紫外線といっても、
実は種類が3種類存在しているのはご存知ですか?

紫外線はA波・B波・C波と波長の長さで分けられており、
その種類によって、肌や体に及ぼす影響も変わってくるのです。

3種類ある紫外線の中で、
地球上に届いていると言われているのが、紫外線A波とB波。

しかし、昨今のオゾン層破壊の影響で
紫外線C波の一部も標高の高い山頂などで
確認されてきているので、近い未来には
C波も気を付けなければならないでしょう。

紫外線は一年を通して地上に届いていますが、
これからの季節は特にB波が強くなります。

老化の約80%が紫外線によるものと言われているので、
間違ったケアをして肌トラブルが悪化しないように気を付けましょう。

紫外線A波とB波の違い

普段浴びている紫外線のほとんどはA波です。

紫外線の中で一番害が少ないと
言われてはいますが、真皮まで到達する紫外線です。

曇を通過して地上に届き、
ガラスも通過するため屋内でも注意が必要です。

浴びすぎると肌の弾力を保つエラスチン繊維や
コラーゲン繊維を変性させ、しわやたるみの原因となります。

日常的に降り注いでいるので、
洗濯やちょっとした買い物などでも
知らず知らずのうちに浴びているのです。

体に害を与えると考えられている
紫外線がB波で、夏場に一番多い紫外線です。

B波は表皮までしか届きませんが、
シミ、しわ、乾燥等肌トラブルを引き起こすだけでなく、
免疫力の低下、皮膚がん等体の病気とも深く関わっていることがわかっています。

日焼けをした時に皮膚が一時的に赤くなったり、
水ぶくれになったりするのはこの紫外線B波が原因です。

どちらの紫外線も朝10時か夕方4時の時間帯に強く降り注いでいます。

日陰にいれば紫外線は避けられると思われがちですが、
いろいろなものを反射して降り注いでくるので、
日焼け止めなどのUVケアが欠かせません。

紫外線の間違ったイメージ

紫外線に対する間違った
イメージも多く存在しているので、
いくつかご紹介します。

×日焼けをするのは夏場の晴天時だけ
紫外線は一年中降り注いでいるので、
季節問わず対策が必要です。

夏場の紫外線は特に強く、
体や肌に害を与えるので注意しましょう。

×日焼けは健康的である
小麦肌の肌色は健康的なイメージを持ちやすいですが、
肌にはダメージを与えています。

過度な日焼けは乾燥を招くだけでなく、
肌のバリア機能を破壊し様々な肌トラブルに繋がってしまいます。

×ビタミンDを生成させるためには日光浴するべき
以前は太陽を浴びる必要があると考えられていましたが、
実は1日15分程度、手のひらに浴びるだけで
1日に必要なビタミン量は生成可能なのです。

×曇りや雨の日、水辺や雪の多い所では日焼けしない
雲を通過して紫外線は降り注いでいます。

また、水辺や雪の多い所では地面からの乱反射で日焼けしてしまいます。

×日焼け止めを塗っていれば、長い時間太陽の下にいても問題はない
日焼け止めは2~3時間に1度は塗り直しが必要です。

皮脂や汗に強いものでも定期的に塗り直し、ムラを防ぎましょう。

×日傘をすれば日焼けは防げる
日傘だけでは空気中の微粒子からの反射や地面からの反射は防げません。

直射光は防げますが、日焼け止めを塗った上での日傘がオススメです。

いかがですか?

意外と間違って認識していたりするので、
正しく知って対策していきましょう。

効果的なUVケアアイテムを見極める

お使いのUVケアアイテムには
SPFやPA+等の表記はあると思います。

これの数値は防御効果を表していますが、
高ければいいわけではありません。

シーンに合わせて使う事で
肌への負担を減らすことができるのでオススメです。

SPFというのは1から50+まで存在し、
紫外線B波に対する防御効果の数値を表しています。

PAというのが紫外線A波を防ぎ、
「+」の数が1つから4つまでの表記が存在します。

日常生活では、SPF10~20、PA++程度で紫外線は防げます。

屋外でのスポーツになるとSPF30・PA+++程度、
海や山でのスポーツやレジャーの際は
SPF40~50・PA++++を使用すると
肌に負担のない使い方ができるでしょう。

どの場面においても、UVケアアイテムの効果を
発揮するために定期的な塗り直しをオススメします。

またムラなく広がるように意識して塗りましょう。

紫外線について、おわかりいただけましたか?

紫外線の強くなるこれからの季節にぜひ役立ててみてください。

一覧へ戻る

# TVで紹介されました!

VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報
リセラン
JOOMO商品情報
VIHAXIA濃密炭酸泡パック商品情報
あまざけ美人酵素商品情報
VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報
リセラン
JOOMO商品情報
VIHAXIA濃密炭酸泡パック商品情報
あまざけ美人酵素商品情報
TOPへ戻る
line