リタマインドジャパン 私たちRITA COSMEは、最幸の化粧品を通じて女性の肌悩みを解消し、
輝きある未来をお約束します。

妊活サポートコラム

新着情報・最新の妊活情報ブログ

2021年05月14日

美容コラム

日焼けの原因は乾燥!?焼けやすい部位や対策も!

お肌の大敵といえば紫外線と乾燥!

実は深い関係があるって知ってましたか。

特に春先の紫外線のダメージで日焼けしてしまったり、
赤くなる女性は多いといいます。

なぜ春先にダメージを受けやすいのでしょうか?

そもそも日焼けは紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)が原因だと言われています。

紫外線の90%を占めるA波は窓ガラスも通し、
曇りでも関係なく降り注いでいます。

逆にB波は肌の表皮で留まり炎症を引き起こす、
いわゆる赤くなるタイプの紫外線です。

紫外線を浴びるとお肌内部ではメラニンが作られます。

メラニンと聞くとお肌に悪いイメージがありますが、
実は紫外線を吸収しお肌を守る働きがあるんです。

通常、ターンオーバーが正常化している方であれば、
メラニンが徐々に押し上げられて行き、肌が黒くなったように見えます。

もちろん通常は1ヶ月程度あれば元の色の戻ります。

当然、ターンオーバーが乱れるとメラニンが正常に排出されずシミの原因となるんです。

このように日焼けの主な原因は紫外線A・B波ですが、
乾燥しているとより紫外線の影響を受けやすくなると言います。

乾燥肌はなぜ日焼けしやすい?

乾燥していると肌の敏感な状態。

肌荒れなどのトラブルも引き起こしやすいですし、
紫外線によるダメージにも弱いです。

特に春先、急に紫外線量が増えるとダメージを受けやすく、
赤みやピリツキに悩まされる女性も多いです。

紫外線を浴びるとさらに乾燥しやすくなるので、
悪循環に陥りやすいので注意が必要です。

日焼けしやすい部位は?

日焼けしやすい部位、そうでない場所、
うっかり焼けてしまう場所など、
同じ皮膚でもパーツによっては焼けやすい場所、
そうでない部位があります。

顔であれば凹凸が出ている場所、頬の高い位置、鼻などになります。

特に鼻は汗や皮脂が分泌されやすいので、気を付けましょう。

うっかり焼けやすいのは、首の後ろや手の甲、デコルテ、足の甲などです。

「少し出ているぐらいだから大丈夫だろう?」と思ったら大間違い!

顔の日焼け対策はばっちりでも、
意外と首の後ろなどの細かい部分まで
紫外線対策できている方は多くありません。

また、意外と見落としがちなのが髪の毛です。

顔よりも太陽に高い場所にあり、
髪の毛も頭皮も焼けて
パサツキなどの原因になるので注意してください。

日焼け対策

①日焼け止め・日傘・帽子・サングラス
実は、日焼け止めだけを塗るだけでは不十分なんです。

特に紫外線は目から入ると言われていますので、
サングラスや日傘、帽子などで対策をしてください。

②保湿はしっかりと
乾燥肌の方は紫外線の影響を受けやすいとお話ししました。

乾燥を防ぐことはすなわち
紫外線予防・対策にも繋がりますので、
日々のケアはしっかりと行ってください。

週に数回はシートマスクなどでスペシャルケア、
コットンパックなどで保水を促してあげるのもおすすめです。

また紫外線を浴びた時の保湿も大事!

肌回復のためにも摩擦に気を付けながらしっかりと保湿してあげましょう。

③日焼け止めをこまめに塗り直す
日焼け止めの効果は商品にもよりますが、
約2時間ぐらいといわれています。

よって、朝UV対策をしてでかけても、夕方までは持たないのです。

日中もこまめに日焼け止めを塗り直すのが大事になります。

お化粧の上から日焼け止めを塗るのは難しいので、
UVスプレーを持ち歩いておくと良いでしょう。

気になる時にシュっとできて、
メイクキープの役割もはたしてくれます。

また、外からのUVケアだけでなく、
サプリメントで飲む紫外線対策をすればなお効果が高まります。

お値段もさほど高くないですし、
日焼け止めを塗り直す時間がない方にもおすすめです。

日焼けを防止するためには、
日々のスキンケアとぬかりないUV対策が大事になります。

特に紫外線は目から入りますので、
サングラスなどでカバーしてあげるのがおすすめです。

「ちょっとぐらいいいだろう」が命取りになりますので、
丁寧な紫外線対策を心がけてみてください。

一覧へ戻る

# TVで紹介されました!

セルクレア
ハオルビ
ハリウル
VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報
ハクナル
リセラン
JOOMO商品情報
あまざけ美人酵素商品情報
セルクレア
ハオルビ
ハリウル
VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報
ハクナル
リセラン
JOOMO商品情報
あまざけ美人酵素商品情報
TOPへ戻る
line