リタマインドジャパン 私たちRITA COSMEは、最幸の化粧品を通じて女性の肌悩みを解消し、
輝きある未来をお約束します。

妊活サポートコラム

新着情報・最新の妊活情報ブログ

2021年06月25日

美容コラム

紫外線予防は食べ物でできる!?どんな食べ物がいいの?

日焼け止めを塗って、
日傘やサングラスなどで
紫外線対策するのが基本ですが、
それだけでは不十分だと言います。

やはりインナーケアも取り入れてケアするのが大事です。

最近は、飲む日焼け止めと言われるサプリメントも多く出回っていますが、
どうせ摂取するなら普段の食事で摂取したいですよね。

食べ物で紫外線予防はできるのでしょうか?

もちろんUVケアも欠かせません。

それにプラス食べる日焼け対策で、
さらなる紫外線予防につながるのです。

日焼けしてこれ以上シミを増やしたくない。

白肌をキープしたい!なんて人は、
ぜひ食べる紫外線予防を始めてみませんか。

では、実際にどんな食べ物が良いのか紹介していきます。

ビタミンC・A・E

まず絶対に欠かせないのがビタミン類です。

メラニンの生成を抑えるのに効果を発揮してくれるのがビタミンC、
肌のうるおいを保つのに大事なビタミンA、
そして抗酸化作用があるビタミンEになります。

食品でいうと、ビタミンCはイチゴやレモン、小松菜などの野菜です。

ビタミンAは人参やかぼちゃなどになります。

最後のビタミンEはアーモンドやごまなどに多く含まれています。

ビタミンCとEは、一緒に摂取すると
活性酵素の除去に働きかけてくれるのでぜひ一緒に食べてみてください。

なお、柑橘系のフルーツを食べる際は注意が必要です。

レモンやグレープフルーツ、オレンジなどには
ソラニンと呼ばれる紫外線を吸収しやすくする成分が含まれています。

よって、朝摂取して出掛けてしまうと、
紫外線の影響を受けやすくなるんです。

摂取するなら日が沈んでからにしましょう。

リコピンは食べる日焼け止め

リコピンといえば、瑞々しい夏野菜のトマトを思い浮かべる人も多いでしょう。

実は、トマトは食べる日焼け止めと言われるほど抗酸化力が高く、
あらゆる紫外線ダメージからお肌を守ってくれるといいます。

ですので、紫外線が気になる季節には毎朝トマトを摂取しておくと良いでしょう。

トマト同様、スイカにもリコピンが豊富に含まれていますので、ぜひ積極的に食べてみてください。

また、辛い物が得意な方はチリパウダーもおすすめです。

トマトスープにチリパウダーをかけて汗をかきながら食べるのも良いでしょう。

トマトの効果的な食べ方

食べる日焼け止めとも言われるトマトですが、
より効果をあげるため生で食べるより、
少し油で炒めた方が効果的だといいます。

同様に、生のトマトより加工してあるトマト缶やケチャップの方がリコピンの含有量は多いので、
加工品を使って料理したり、トマトジュースを摂取すると良いでしょう。

次にカテキンです。
緑茶などに多く含まれるカテキンですが、
こちらも抗酸化作用が高く、紫外線ダメージからお肌を守ってくれます。

カテキンには、免疫力アップや脂肪燃焼など
さまざまな効果があるので、積極的に摂取しておきたい栄養素の1つです。

緑茶以外には、りんごやチョコレートなどにも含まれています。

ぜひご自分の好みに合わせてチョイスしてみてください。

もちろんサプリでもOK!

なかなか食事から摂取できない方はもちろんサプリメントで補うのも手です。

飲む日焼け止めでも良いですし、ビタミンA,C,E、リコピン、
抗酸化作用の高いアスタキサンチンのサプリメントもおすすめです。

日焼け止めでしっかり対策しているのに、紫外線のダメージを受けてしまう。なんて方は、
インナーケアが足りていないのかもしれません。

毎日の食事を見直し、ビタミンA,C,Eや抗酸化作用の高い食品を
積極的に取り入れていけば、肌ダメージも軽減できるはずです。

大事なのは意識して食生活を変えること。

健康にもつながりますので、ぜひ実践してみてください。

一覧へ戻る

# TVで紹介されました!

セルクレア
ハオルビ
ハリウル
VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報
ハクナル
リセラン
JOOMO商品情報
あまざけ美人酵素商品情報
セルクレア
ハオルビ
ハリウル
VIHAXIA薬用美白クリーム商品情報
ハクナル
リセラン
JOOMO商品情報
あまざけ美人酵素商品情報
TOPへ戻る
line